« 父の日 | トップページ | レ・ミゼラブルを完読する »

2013年6月23日 (日)

ライアー・・・天上の音

美しい音色です。
普通の音楽と少し違うようです。
祈り、癒し、慰め、天使のささやき、瞑想等々、
いろいろ表現はできますがやはり「祈り」に近いように思われます。
見えない畏敬すべき存在に向かう言葉なき祈りであるように私には感じれます。

 

朝パソコンを立ち上げると、すぐライアーの音楽を聴きます。
これが習慣化されつつあります。
こんな楽器があることをついこの間まで知りませんでした。
私はこの頃夢中になってルドルフ・シュタイナーの本を読んでいて、
その中に音楽の項がありました。
そのシュタイナーの運動から生まれた楽器が
「ゲルトナー・ライアー」と呼ばれるものです。

早速ネットでライアーを捜して聴いてみました。
日本人、外国人沢山のライアー演奏者が出てくるので、
数分間楽しめるものをと短い3分から5分ほどのを
お気に入りに入れて毎日聴いています。

 

心が本当に落ち着き、平和になりますよ。
ざわざわした自分の心が一時静止したように地上を離れます。

この楽器は竪琴の小さいもののようですが
歴史は古く紀元前メソポタミア・エジプト文明には存在していたそうです。
日本でも映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲で使用されました。

 

音楽だけのと、歌が入っているものもあります。
宮沢賢治の詩や聖フランチェスコへの祈りや埴生の宿など、
心にしみいる歌詞も沢山あります。

いかがですか?
数分間の心のお休みに。


2013年6月23日

« 父の日 | トップページ | レ・ミゼラブルを完読する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/52146407

この記事へのトラックバック一覧です: ライアー・・・天上の音:

« 父の日 | トップページ | レ・ミゼラブルを完読する »