« クリスマスに思う | トップページ | 新しい年に思う »

2013年12月27日 (金)

夜空に煌く太陽の塔

Dscn1411bb

Dscn1384aa

 

太陽の塔が暗い夜空に幽玄な姿で浮かびあがりました。
10分間の「ビームペインティング」映像投影による、美のマジックです。
10分間、私は瞬きも惜しんで、一生懸命に見入っていました。
5つの彩によって五大州、つまり地球全体を表わしているのだそうです。
自然、文化、建築物、民族、音楽をもって、
それぞれの国の特長をあらわしているんだそうです。
日本のサムライ、インドの象、アメリカの自由の女神、
南米のコンドル、イタリーの遺跡等々、最後には花火の爆発。

「芸術は爆発だ!」といった岡本太郎さん。
今日のこの映像をご覧になったら、
さぞや、喜ばれたであろうと太郎さんの顔を思い出していました。
太郎さん、本当にあなたは良いものを遺してくださいました。
太陽の塔はいつ見てもあきない、空想と想像力をどんどん広げてくれます。

今宵は寒空の中、数えきれない大勢の人たちと素敵な夜を過ごしました。

なぜか私たち夫婦の年代の人は、殆ど見かけないのは不思議でしたが。
あるいはここにいる私たちの方が珍しいのでしょうか。

2013年の終わり、姿を変容させた太陽の塔から、
素晴らしい美の贈り物をいただきました。
太郎さんは、今も生きておられるようです。

今年は良い年でした。(あと4日残っているけれど)
感謝をこめて・・・


2013年12月27日

 

« クリスマスに思う | トップページ | 新しい年に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/54397664

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空に煌く太陽の塔:

« クリスマスに思う | トップページ | 新しい年に思う »