« 聖母被昇天祭・・・・・ルーベンスの絵 | トップページ | すてきな日ごとのメッセージ »

2014年8月20日 (水)

カトリックとは

私はプロテスタントで入信したので

受洗はしていますが、カトリックの受洗者ではありません。

それで毎日曜日教会のミサに参列していますが

正式なカトリック教徒ではないので聖体拝領はできません。

聖体に対するカトリックとプロテスタントの解釈には違いがあります。

私はプロテスタントの洗礼を受けているのでもう洗礼の必要はありませんが

カトリックの勉強をして、堅信礼を受ける必要があります。

そうしてはれて、カトリック信者になれるということです。

多分来年復活祭には念願がかなうでしょう。

これもまた、一歩一歩理解しながらの、恵みに満ちた大切な時であると

思います。

ということで、私は70歳にして新しい勉強中をしています。

今日(17日)に、広庭に立っている神父さまに聞きました。

「カトリックって、何ですか?」

「それは公という意味で、普遍ということです」と・・・神父さま。

「普遍?」という言葉にとまどう私に

「たとえばですね。右翼のような人もおれば、超左翼のような人もいる。

極端に考えの差があっても、中心にキリストがあれば共に

存在するというようなことです。カトリックはキリストにあってすべてを

受け入れるのです。」・・・

「プロテスタントはまじめですね。よく働きますね。
・・カトリックはプロテスタントに謝ったんですがね」と笑いながらのおはなしでした。・・・

カトリックは一見厳しそうですが、実におおらかです。

多種多様な多くの人を受け入れる懐の深さに、

包容力の広さにほっとしています。


2014年8月20日記す

« 聖母被昇天祭・・・・・ルーベンスの絵 | トップページ | すてきな日ごとのメッセージ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/57134793

この記事へのトラックバック一覧です: カトリックとは:

« 聖母被昇天祭・・・・・ルーベンスの絵 | トップページ | すてきな日ごとのメッセージ »

無料ブログはココログ