« 死者のための祈り | トップページ | カトリックとは »

2014年8月15日 (金)

聖母被昇天祭・・・・・ルーベンスの絵

8月15日、今日は聖母被昇天祭でした。
これはカトリックでは4大祭の一つともいわれます。
教会によっては盛大に祝われるそうです。

私はこのお祭りは初めてなので、いそいそと一人で行きましたが

私の行く教会ではそれほど盛大ではありませんでした。

もっとも近くに聖母の修道院があってそちらでも祝祭がありますので

普段おいでになるシスターたちはそちらでミサに与られたようです。

マリア様は人間でしたが罪のない方であったので、死はあり得ず、

亡くなられたあと御体は天使たちに運ばれて
天上界にそのまま昇天されたそうです。

キリストは神であったので自ら昇天し、復活されましたが、

マリア様は人間なので、天使たちに運ばれて昇天なさったのです。

マリア様の昇天はわたしたち(すみません、キリスト者のことです)
未来の
人間の姿であると今日の神父さまはおはなしをしてくださいました。

「フランダースの犬」のネロとパトラッシュのおはなしで
ネロが死の間際まで憧れつづけ見たかった絵があります。
それはルーベンスの絵であり、それが聖母被昇天の絵です。

下記をクリックしてください。

すばらしい絵をネットでみつけました。

(こんな素晴らしい絵を見れるようにしてくださった方、ありがとうございます)

http://www.a-dog-of-flanders.org/8-2-1.html

 

« 死者のための祈り | トップページ | カトリックとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/57090540

この記事へのトラックバック一覧です: 聖母被昇天祭・・・・・ルーベンスの絵:

« 死者のための祈り | トップページ | カトリックとは »