« 一番難しい修行とは | トップページ | 誰もが平和を願っている »

2014年9月14日 (日)

神父さまとの立ち話

涼しい風が緑美しい田園を吹いています。

暑さも日一日と下降して、
ああ、秋が来るなあと心も体もほっとしています。

6月の終わりから今日(14日)まで、欠かさないでミサに出席。

もうそれが生活のリズムとなり、

教会に行ったらそれなりにいろいろ新しい発見もして

夫との会話もますます活発になりました。

ミサ後、教会の前に繋がれて、日向ぼっこしているコロちゃんを前に

「神父さま、いつも説教が身にしみます」・・・・私

「ああ、もう何を言ったのか忘れちゃった! 
  前にいた犬はね、そこに墓があるけど、

  本当に賢い犬だったけど。やはり人間と同じで17歳にもなると、
  ばかになって何もわからなくなったよ。人間もそうなるんだよ。」
  と・・・・神父さま

「神父さまもですか?」と・・・・私

「ああ、そんな神父もいっぱいいるよ」・・・神父さま

「何も心配することなんかないんだよ。
  頭がぼんやりすれば平和になるでしょう。

  最後まで頭がしっかりしていたら大変ですよ。
  でも周囲は大変だけど」と・・・・神父さま

これが今日の最大の収穫です。

何事も心配することなく、神様にゆだねて生きなさい。
最後まで神様は守ってくださいますよ」ということです。

2014年9月14日

« 一番難しい修行とは | トップページ | 誰もが平和を願っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/57373341

この記事へのトラックバック一覧です: 神父さまとの立ち話:

« 一番難しい修行とは | トップページ | 誰もが平和を願っている »