« カトリック洗礼志願へ | トップページ | 偶然はないのです »

2015年2月17日 (火)

入門講座ー婚姻について

私たち夫婦が48年前に結婚した教会です

そのままの外観です

http://www6.ocn.ne.jp/~tanritsu/

今日(15日)の入門講座の内容は、
7つの秘蹟の一つである「婚姻」でした。
講座を受けている人16人の中には4、5名の独身の方もおられ、
遠い昔に結婚した老人組とは神父さまの講義の説明は
受け止めかたがちがったでしょう。

カトリックでは離婚は禁止、結婚をしていて他の人と通じることは姦淫、
その他私的な結婚の中にもカトリックならではの
自制と受容すべき事柄があるようでした。
ただし、これはカトリックの洗礼をうけたもの同志の結婚に関することで、
それ以外の人たちには関係ありません。
あくまでもカトリック教徒の結婚です。
その結婚を秘蹟というのだそうです。

**********

私たち夫婦の48年前の教会での結婚式を思い出しました。
思い出せばついこの間のことのようです。
クリスチャン同志の結婚であり、丘の上に建てられた美しい教会に
200名近い人達が遠路はるばる集まって下さいました。
夫の教会に私は嫁入りするという感じです。
今は変わりましたが以前は成人式の日であった1月15日に決めたら、
「わざわざ祭日に何で?」といいながらも、
社会的地位のある人たちも喜んで集まってくださいました。
プロテスタントの各教派の牧師先生も沢山。教会員の方々も殆ど全員。
今あらためて思い出します。・・・・ありがとうございました。
河辺牧師の厳粛な式のもと、私たちは下記の言葉を誓い合いました。

お互いに
「汝を(妻、夫)とし、今日よりいかなる時も共にあることを誓います。」
「幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、
 健やかなる時も、死がふたりを分かつまで愛し、
 慈しみ、貞節を守ることをここに誓います」
 

 *******

今日の結婚の講義で神父さまは
「私は結婚をする人たちが誓いの言葉をいうとき、
3つのことをよく考えて、自分が決めてくださいというのです。
それではいといえなかったら、黙っていてください」
というのですといわれました。

・あなたの自由意志で決めるのです。(結婚は)
・あなたが選んだのです(自由意志で)
・この人以外に妻あるいは夫としない

***********

結婚はこれだけの自己責任をもって、覚悟をもって臨むべきだと私は思います。
それでこそ、秘蹟ともいわれるのです。
ただ、私の場合、上の三つに附け加えなければなりません。
結婚の相手は神が与えられたのです・・・・と。


2015年2月17日

 

« カトリック洗礼志願へ | トップページ | 偶然はないのです »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/58967502

この記事へのトラックバック一覧です: 入門講座ー婚姻について:

« カトリック洗礼志願へ | トップページ | 偶然はないのです »