« 入門講座ー婚姻について | トップページ | 映画エクソダス「神と王」 »

2015年2月24日 (火)

偶然はないのです

「偶然はないのです」
去年の待降節のある日茶話会で、
93歳のダニエル・ヴァン・ケルコーベ神父さまが言われた言葉です。
神父さまとコーヒーを飲みながら、それこそ本当に私にお顔を寄せて言われたのです。
優しく慈愛に満ちた目と優しい言葉でもって。・・・
ダニエル神父さまは椅子に黙って腰かけておられるだけで、
そのお姿全体からいいようもない品格というか霊格というのか、自然に流れてくるのです。

これをキリスト教では聖霊に満たされた方というのでしょう。
私には忘れられないお方になりました。
質素なお姿からは、謙虚、節制、愛あらゆる徳行が神父さまから流れていました。


「偶然はないのです。道で会う通りすがりの人も偶然ではないのです」と言われました。
すべては神の導きなのであり、出会わせられたということでしょう。
その意味を考えて、人と接しなさいということでしょう。


今日私はどれだけの人と会ったのでしょうか。
勿論夫、そして佐川の宅急便、街に出ていくと私の棟の人2名、
そしてお店の人たち、店の前での見知らぬ人との会話、
そして地上と地下で出会う見知らぬ1000名以上(無数に近い)の人たち。
今日もすごい数の人たちに会ったのです。
どういう意味があるのでしょうか。


今まで考えたことはありませんでした。
今日出会った人たちもみな神の子であり、
神に愛されている人たちだということでしょうか。
人と接するということはどの人とも付き合ったり、
べたべたすることではありません。
思いを寄せるということでしょうか。
私の意識がその人たちの中にあるということでしょうか。
今日であった沢山の人たちの人生が守られますように、
祝福されるようにと祈ることができるようになることでしょうか。
そのように私が周囲を見れるように成長しなさいということでしょうか。

「すべては偶然ではない、偶然ということはないのです」という神父さまのお言葉。
考えれば、この言葉は深くて、重い言葉です。
私の人生、運命そのものが何となくなったのではなく、
大きな存在神によって導かれたということだからです。


大きな意味ある言葉を下さったダニエル神父さま。
ありがとうございます。
これは私へのメッセージであり、これからの私への課題です。

2015年2月24日

« 入門講座ー婚姻について | トップページ | 映画エクソダス「神と王」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/59046748

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然はないのです:

« 入門講座ー婚姻について | トップページ | 映画エクソダス「神と王」 »