« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | カトリック入門講座を修了しました »

2015年3月24日 (火)

イエメンの若き学徒

http://mphot.exblog.jp/8886926/

乳香です。映像と同じようなものを実際手にとって香を楽しみました。

*********

かつては見たこともない、行ったこともない
遠い国から来た人と会うことができる現在、
世界は本当に狭く、小さくなったのだと思います。


17日、イエメンから来てH大学で研究をしている
ハニさんのお話を聴きにコラボに行きました。
日本人と同じような体格で目がもっと小さければ、
日本人でもこんな人はいるなあと思いました。
西洋風の顔立ちだけれど、黒い髪に黒い大きな瞳。
皮膚の色は日本人の方が白いですが、なぜかイエメンの女性は白いです。
男性よりも白いのはなぜでしょう。


紀元前3000年以上の歴史を持つ国、
聖書にも書かれている国。
紀元前の多くの遺跡が残されている国。
シバの女王やソロモンの話が語り伝えられ、
歌われ、誇りにしている国。


遠い遥か彼方の古代から、ふっと現れたそんな感じのハニさん。
ハニというのは「幸せ」という意味だそうです。
イエメンの産物、食べ物、習慣、
気温等々質問に応じて答えてくれましたが、
驚くのは兄弟姉妹の数。
ハニさんは10人兄弟姉妹の一番上で31歳。
一番下の弟は6歳とか。
御母さんは15人出産されたそう。
ああ、大変・・・・
日本人である私の感覚では
その大家族の世話は女にすべてかかっている。
これでは朝から寝るまで、世話に明け暮れ、個としての時間はない。
それに15回も出産すれば身体が壊れる。
・・・と私は思ってしまうけれど、
あちらでは普通のことかもしれないけれど。


紀元前、はるか昔より高層住宅は存在したのです。
20階くらいの石の建物が密集している。
映像を見せながらハニさんは説明してくれました。
ハニさんもそこに住んでいるそうです。
エレベーターはもちろんないそうです。
昔の人の脚は強かった。・・・・びっくり。
ハニさんは日本語も上手で明るい青年でした。


私はイエメンの人に会うのはこれで3度目です。
前のときは男性も女性の民族衣装を着てお話をしてくれました。
男性もかっこよくご婦人たちの人気ものでした。
また若いイエメンの女性は
アラビアンナイトのようなお姫様のような衣装で
それはそれは夢の国から来たような美しさでした。
白い肌に黒い髪、そして大きな黒い瞳・・・・うっとりでした。
その女性が手に乗る位の器の乳香を入れて、
その香しい香りを楽しませてくれました。
私もそれを自分の手でもって香を楽しみました。


聖書に出てくる、3人の博士がキリストの誕生に捧げた、
黄金と没薬と乳香のその乳香です。
色は乳白色でしたが少し淡いピンク色でもありました。

 

私には3人とも、遥か古代の世界からやって来た、
次元を超えた人たちのように見えました。
3000年のときを超越して、
聖書の世界に私をしばし招き入れてくれました。

*******

ハニさんはイエメンの現状を語りませんでした。
私は帰ってからイエメンのことをネットで調べたら、
現実のイエメンは大変な状況でした。
明日どうなるかわからないような。
だからこそ、ハニさんはイエメンの明るく、
楽しいことを語りたかったのだと思いました。
イエメン人は日本大好きと言っていました
・・・・平和がありますように。


2015年3月24日

 

« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | カトリック入門講座を修了しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/59389620

この記事へのトラックバック一覧です: イエメンの若き学徒:

« 東日本大震災被災者のための祈り | トップページ | カトリック入門講座を修了しました »