« 最終の落ち着き場所 | トップページ | いちご無きいちご狩り »

2015年4月28日 (火)

納骨堂を買いました

S教会に転籍してから2週目。
とうとう念願の納骨堂を買いました。


教会の地下に造られた納骨堂の内部は壁も扉も真っ白です。
色とりどりの花が美しく映えています。
各ロッカーの白い扉には銀色の大きな十字の印があって、
それぞれの家、個人の名前が書かれています。漢字やローマ字で。
片隅には聖書や祈祷書がおかれています。
焼香もできるようになっています。
室内は常に換気されているので、花の香りがさわやかです。
今日は遺族の方が手向けられたのか白百合が活けられていました。


事務室に行って手続きをすませました。
司祭さまの大きな字の署名入り領収書をいただき、
完了です。
全部でいくらだったのかなと知りたい方もおられるでしょうから、
金額も記しておきます。
162、000円でした。一年分の管理費は3、240円です。
私がここに入るのはいつのことかわかりません。
でもここが肉体における最終の場所です。


アメリカから来られて共に教師をされているご夫妻(奥様はイギリス人)が
私たち夫婦が納骨堂を買うのを見て、
興味をもち「見せて欲しい」といってお世話係の方と見に行かれました。
事務室に帰ってきて、気に入られたのか「ああ、いいな」と・・・
どうなるかわからないがと言いながら、書類をもらっておられました。


今日は教会の草花はとくにきれいで、輝いていました。
これもどなたかが丹精こめて世話をしておられるのでしょう。
ここは私の教会、
帰ってきてよかったと心から感謝しました。


この世における血縁家族は大切です。
その繫がりは死をもっても断ち切られることはないでしょう。
しかし、霊における家族は永遠という絆で繋がれています。
このことを理解してもらうには、
死は終わりではないということを信じるしかないと思います。
理想的なのは肉においても霊においても同じ家族であるということですが、
それは神様の御心のままです。


信徒さんの連れて来られた犬が幸せそうな顔をして
多くの人からなでてもらっています。
名前はコロちゃん。・・・ミサの歌声を聴いているのでしょう。


2015年4月28日

 

« 最終の落ち着き場所 | トップページ | いちご無きいちご狩り »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/59802050

この記事へのトラックバック一覧です: 納骨堂を買いました:

« 最終の落ち着き場所 | トップページ | いちご無きいちご狩り »