« 新しい旅立ち・・・カトリック教徒として | トップページ | 最終の落ち着き場所 »

2015年4月14日 (火)

新カトリック教徒一週目

去年のちょうど今頃、
勇気を持ってSカトリック教会へ行きました。
そこは何十年か前、家族4人がいっしょにミサにいった
最後の教会でした。

あの当時と同じ感覚でいった私を待っていたのは
変革されたカトリックでした。
戸惑う私・・特に入門講座の心理学、精神分析らしき講座には
驚きよりも嫌悪感を抱き、M教会へ逃げ出してしまいました。
(今はやりの心理学を信じていないから)
それから私自身もカトリックに対する不勉強もありますが、
成員となる方法もはっきりしないので、
またまたちょうど入門講座(私の求めていた教理講座)をやっていた
T教会へ通うことに・・・そしてそこで夫と受洗となったのでした。

この一年の間、現在のカトリックの状況を掴むことに懸命になりつつ、
神父さまの入門講座の学びを一生懸命に学びました。
お蔭で無事に念願のカトリック教徒となりました。
その報告とお礼を言いにS教会に夫と出かけました。
数名の方々にお礼をいい、
今後ともよろしくお願いしますと言いました。
カトリック教会はどこも兄弟であり、姉妹であり、
教会はくつろぐ場所である、それを今日また実感しました。
笑顔で「こちらにも来てね」と優しく言われ、
心の重荷が下りた気持ちです。

その後、元シスターのMさんの豪邸に招かれました。
白亜の建物。豪勢な内装。高価な調度品。
私の世界とはまるで違う世界。
玄関を入るとまっすぐに上がる階段の上に
大きな白いマリア像がおかれています。
マリアさまのお顔は場所がどこにあっても優しく、柔和です。
電気をつけられるとマリアさまの頭上が明るく輝く。
さすが元シスターの邸宅です。
2時間ばかりの会話。終始話は信仰、教会のこと。
これからの私たちに対する優しい忠言など。
「あなたのことを気にかけていたの。祈っていたの」とMさん。
私の知らないところで、私のことを気にかけ祈っていて下さった方。
有り難い思いです。


私はいつも誰かの思いの中に祈りの中に生かされているのです。
今日はS教会へ挨拶に行ってよかった・・・・

*********

S教会の信徒の方で、千中でお店を40年近くもやっておられ、
去年のクリスマスイヴの日、
突然店を閉鎖なさったFさんのことが気になっていたけど、
今日はFさんの元気な姿を見て、話せてよかった。
「教会が心の支えになった」とFさん。
美しい顔が以前よりももっと輝いていた。・・・本当によかった!


2015年4月14日 

 

« 新しい旅立ち・・・カトリック教徒として | トップページ | 最終の落ち着き場所 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/59640319

この記事へのトラックバック一覧です: 新カトリック教徒一週目:

« 新しい旅立ち・・・カトリック教徒として | トップページ | 最終の落ち着き場所 »