« いちご無きいちご狩り | トップページ | 美しい人 »

2015年5月12日 (火)

薔薇の花びらのロザリオ

011


代母さんにいただいたロザリオです

**********

4月4日、私が洗礼を受けたとき代母さんから
スペイン製のロザリオをいただきました。
ロザリオの入った美しい箱の中には
スペイン語の説明の紙が入っていました。
代母さんからも訳してねと言われていたのですが
ようやくスペイン語のできる人の力をかりて訳ができました。
美しい物語です。
少し長いですがご紹介します。

*********

昔々カーメンの古い年代記は我々に素朴な、
そして感動的な歴史を教えてくれます。


ホアキンという修道士がいました。
彼はカステル山の樫の木のように粗野で無骨でしたが、
しかし一個のパンのように、心はやわらかくで善良でした。
彼は文字も読めませんでした。
彼はまた学べるような状況にありませんでした。
主は彼を修道院が所有していた牛の番をおさせになりました。
他の兄弟(仲間たち)は深い同情をもって彼を眺めていました。


けれどもホアキンはその仕事に対して、大きな喜びをもっていました。
なぜなら野原は彼のみが分かる言葉で
神のことを彼の霊魂に語ってくれたからです。
それゆえに、ホアキンは優しく、善良だと言われていました。
修道院のお告げの祈りのための鐘が鳴るころ
ホアキンは野原で聖母マリアを見ました。
そして彼が祈っている間、聖母は牛の世話をしたのです。

いつでもホアキンは
牛の先頭を誤って導くことは決してありませんでした。
彼はいい牛飼いであり、牛たちは
貪欲な狼の餌食になることはありませんでした。

ホアキンは聖母マリアをとても深く信仰していました。
そして毎日、ロザリオの祈りを捧げるのでした。
これは彼にとって神聖な義務であり、
誰も例外もなく彼の義務を妨げることはできませんでした。


ある日、彼は修道院にロザリオを忘れてしまいました。
彼は心からの祈りをどのようにしてするのでしょうか?
純朴な修道士は独創的なひらめきをもっていました。
湿地帯で、牛に水をやった場所に葦原が成長していて、
それは生い茂っていました。
そしてそれは多くの小石を葦の枝でつないでいました。
彼はこれでもってロザリオを作り、
彼の祈りを満たすことができたのです。

聖母マリアは彼に贈り物をしました。
伝説は教えています。
次の日用事のあるとき、葦の繁みに行くと、
また葦の群れの枝にあのロザリオがぶら下がっていました。
そして夜明けとともに彼がロザリオを取りに葦原に近づくと、
沢山の赤いバラの中から分かれて、
白いバラの花びらがぶら下がっているのを見つけました。
それは聖母マリアがホアキンに贈ったロザリオでした。

そのニュースは修道院中に伝わりました。
信仰深き献身的な祈りに応えて、
バラがロザリオに変えられたのです。
それは乙女マリアからの贈り物であることが
修道院中に伝わりました。


この歴史は中世の伝説からきています。
カスティーニャのいつも変わらぬ香り高きバラのロザリオは
この伝説に由来しています。
あなたもその伝説の中に入りました。
それは世代から世代へと語り続けていくのです。
濃紺の青空の下で、かぐわしく薫るカスティーニャの薔薇の花。
それは世界中のどのような厳しい気候の中でも、
そのかぐわしい薔薇の香りは神秘の薔薇、
栄光の聖母マリアの薔薇となるのです。


**********

この薔薇の花びらのロザリオは私の宝物です。

代母さんに感謝をこめて

2015年5月12日

 

 

 

« いちご無きいちご狩り | トップページ | 美しい人 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/59971639

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇の花びらのロザリオ:

« いちご無きいちご狩り | トップページ | 美しい人 »