« 待降節第一主日となりました | トップページ | ようやく足並みがそろいました »

2015年12月 9日 (水)

ちょっとした間違いで

http://ameblo.jp/nobumana88/imagelist-201511.html

多文化交流サロンです。毎月ゲストが変わります。

次はレバノンです

***********

12月4日(金)、今日は2年振りに
NPO法人国際生涯学習文化センターの多文化交流サロンに
顔を出してみることにしました。
今日はアメリカのテネシーからのきれいな留学生です。
息子もそこで合流することに。


最近は私一人で出かけることが多く、
今日の夜7時からの集会に間に合うために、
70分前に家を出て暗くなった道を歩き、駅に向かいました。
ナンバまでは何事もなく行けました。
そこから別の線に乗って2駅で降りるのですが、それも無事にでき、
目的の駅に着きました。やったと思って出口5番で出たところ、
全く今まで見た光景とまったく違うことに気づきました。
ここはどこですか?・・・


私は今日の集会のパンフレットも忘れてしまって、
どこのビルかセンターの電話番号は
何なのかわからなくなってしまいました。
私は携帯をもっていません。
スマホもあるのですが夫も私もあまり好きではないので、使っていません。
あれは思考停止にしてしまう、不作法な機器のように思われるからです。


公衆電話を探して夫に電話。
ビルの名とセンターの電話を聞いて、
屋台のおじさんにビルを聞いて、(それは通りを隔てたかなり向う)
もう遅れたと思いながらふと気づくと2つ持っていた袋が一つなのです。
それには息子に渡そうと来年のポスター、お菓子、
そしてミニクリスマスツリーもいれていました。
あっ、電話ボックスに忘れたと思って取りに引き返したら、
すでにその袋はありませんでした。・・・・
日本では物は帰ってくるというけれど、こういうときは無くなるのです。
・・・・がっかり。


でもあとで、思いました。
あの袋を持ち帰った人が良いクリスマスを迎えますようにと。
また元の駅に辿りつき、そこから今度は4番出口に出ました。
今度は見慣れた階段があらわれました。
このままでは、20分の遅れです。
出口の番号をちょっと間違えただけで、
こんなことになってしまうのです。


すでに集会は始まっていて、私が最後。
遅れて来ると言っていた息子は今日は早くきていました。
通訳つきの英語でのお話
・・べらべらの英語で質問する阪大の学生
・・あとで司会者が説明してくれますが、
言葉はわからなくても伝わってくる温かい空気。
これがこのサロンの特徴です。


そして毎回そのゲストの国の料理がでます。
料理自慢のFさんが毎月異なった国の料理を出してくれます。
これはすごいです。
居ながらにして、多くの国の食事に触れられるのですから。
今日はおいしいテネシーの料理でした。
あとでこの多文化国際交流サロンのパンフレットを見たら、
すでに140各国の人を招いていました。


ようやく私も落ち着きました。
マスコットの老犬もゆるやかに尾を振って側にやってきました。
マナちゃんという大型犬です。
アットホーム的なサロンの雰囲気をしばし味わって、帰りました。
息子から今度来るときは間違えないように、教えてもらいながら
・・・
家に帰ったのは、夜10時半、
72歳の私にはかなりの冒険かもしれません。


2015年12月9日

 

« 待降節第一主日となりました | トップページ | ようやく足並みがそろいました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/62884645

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした間違いで:

« 待降節第一主日となりました | トップページ | ようやく足並みがそろいました »

無料ブログはココログ