« クリスマス合同ミサに与って | トップページ | ご近所人間模様 »

2016年1月 6日 (水)

2016年 新しい年

https://www.youtube.com/watch?v=TfCg8F4Ux58

美しい歌です。新年の初めにどうぞ。

元旦の朝、何というおだやかな日だろう。
空は雲一つないスカイブルー。
何かすべてが祝福されているような幸せな気持ちになります。
空や白い壁を見ていると、いつも虫が飛んでいたのに、(飛蚊症)
知らぬ間にすっかり虫は消えて、
青い空はまるで天上の世界を見せているようです。
私は空が大好きなのです。


その青空を見上げながら、夫と新年のミサに出かけました。
25日と同じように今日も合同ミサです。
一月一日は多くの職場が休みになるので、
日本で働いているカトリックの外国人も休みがとれたのか、
クリスマスミサのときより、もっと多くの人たちがミサに出ました。
多分500人以上でしょう。
半分以上は外国の方です。
先週コーヒーを飲みながらお話したMさんも、
確かにおられたのですが沢山の人の中で見失ってしまいました。


今日は日本の神父さま。御歳は78歳です。
全世界のカトリックの教会では毎年一月一日は、
ローマ教皇のメッセージを読み上げることになっているそうです。
今日も日本語と英語で
長い教皇さまのメッセージを要約してお話されました。


日本は平和でわからないけれど、
命の危険のある国の人たちのことに心を留めてほしい。
無関心というグローバルが世界を覆うことのないように。
教皇さまの説教は世界の人たちがすべて平和であるようにということです。
そのためには努力が必要ですということです。
教皇は「散発的な第三次世界大戦」と呼ばれるほどのことが
起こっているといわれます。


けれど教皇さまのお話は決して、
自国をおろそかにしていいということではありません。
どの民族も自国を愛し(真の愛国で)、
その愛を他国にも広げるということだと思います。
自分の国を守ることは第一に大切なことです。
無防備のために他国の侵略を許し滅亡した国は歴史上数多くあります。
今日集まった外国の方の国別は、多分10か国以上でしょう。
アフリカの方もインドの方もおられたようです。


この2年間に出会った神父さまは14人以上になります。
教会の信徒の方も数多く、
そのお一人、お一人からいろいろ学ばせていただきました。
今年はどんな出会いがあるのでしょう。
今年は外国の方との交流もありそうです。
残念ながら私は英語ができません。
もっぱら夫の通訳と翻訳によって、理解を深めています。


2016年に希望(真の平和への)を託して歩み始めます。


************

下記は私の夫のメルマガ、ブログです。

ご覧ください。

http://ameblo.jp/harmony777/

 

« クリスマス合同ミサに与って | トップページ | ご近所人間模様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/63335564

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 新しい年:

« クリスマス合同ミサに与って | トップページ | ご近所人間模様 »

無料ブログはココログ