« №158. 高山右近 福者に | トップページ | №160. シスター渡辺和子さんの講演に »

2016年2月 3日 (水)

№159. 最近の読書

 

年齢のせいもあるけれど、最近血圧が高くて、


自分でも要注意だと思いながら、


それでも毎日2時間ほどの読書は欠かせません。


これは義務ではなく、私の生命線のようなものです。




去年もいろいろ読みましたが、今年になって読んだ本は


「不干斎ハビアンの思想」梶田叡一著を読みました。


梶田先生は前M教会でお会いしました。


梶田先生はカトリックの信者ですので、ごいっしょできたのです。


こんなに偉い先生に丁寧に教えていただいたのは、


やはり教会だったからでしょう。


梶田先生の著書とお話はまたの機会に譲ることにして、


なぜ山本七平の著書に興味をもったかといいますと、


梶田先生が大きな影響を受けた人として書かれているからです。




それで山本七平の数ある著書の中から


「静かなる細き声」を取り寄せて読みました。


何十年か前、山本七平氏は「日本人とユダヤ人」


イザヤ・ベンダサンの訳者として知られていましたので、


私も名前は知っていましたが、


著書を真面目に読んだのは初めてでした。




山本七平氏が生まれながらのキリスト教徒で、


それも3代目であるということを初めて知りました。


(御両親は無教会派のクリスチャン)


「静かなる細き声」を読んで、さらに読みたくなり、


300万部売れたという「日本人とユダヤ人」、


それから「戦争責任と靖国問題」、「日本教」


「人生について」を読み終え、


今「私の中の日本軍上下」「宗教からの呼びかけ」を読んでいます。


とにかく夢中になって読んでしまいます。




こんな人がいたのかという驚きとともに、


梶田先生に感謝したいです。


梶田先生の著書「不干斎ハビアンの思想」も深く教えられました。


この著書は現在のカトリックの第二バチカン公会議の考え方に


とても参考になります。


アマゾンで山本七平の著書は手に入ります。


約143冊が出ています。


ですが、七平氏の著書は216冊あると、


どなたか熱心な山本七平の読者の方が書いておられました。




本を読んだ人の感想にこんなことが書かれていました。


「一度は読んだほうがいい。戦後の思想の一部を変えた、


知性の原点となる体験、そして観察を。


・・・山本七平は戦後最大の、20世紀最大の日本の知性である」と。


どの本も文章が易しく、読みやすいです。


次々読みたくなっていくのです。


氏が命がけで書かれた著書、これだけの文章を書店も経営しながら、


何度も病気と戦いながら、


他者からの攻撃を受けながら、書かれたということ。


どの本も氏の遺言のような気がします。




氏にとっては、内村鑑三が一生を貫く大きな影響を与えたようです。


ご両親が無教会の信者であり、


氏は幼い時から聖書の句や文章を暗記させられたとのこと。


氏は教会の日曜学校にまじめに通い、


青山学院教会で洗礼も受けておられ、


冒頭の梶田先生とはカトリックとプロテスタントのちがいこそあれ、


生まれたときからキリスト教徒というのは同じです。




読めるだけ読んでいこうと思います。

 

読書は最大の楽しみです。


知らなかった広い世界へ連れていってくれます。



2016年2月3日


 

 

« №158. 高山右近 福者に | トップページ | №160. シスター渡辺和子さんの講演に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №159. 最近の読書:

« №158. 高山右近 福者に | トップページ | №160. シスター渡辺和子さんの講演に »