« 被昇天祭 | トップページ | 聖人マザー・テレサ »

2016年8月31日 (水)

ダリ展へ行きました

京都のダリ展です
*********

この前のデトロイト展といい、この度のダリ展といい、
一番暑いこのとき、どうしてなのかなと思いつつ、
それでも好奇心旺盛な気持ちをおさえきれず、京都まででかけました。
やはり文化的なものは京都が多いです。
大阪は商業の都市なのでしょうか。
8月の終わりとはいえ、暑さに変わりなく、鴨川は水が少なく、
白鷲が何羽も水の中をじっと眺めて、エサ取りをしていました。
水が少ないので餌もとりやすそうです。
鴨川と疎水の辺を散歩がてらに歩きながら(暑い散歩)、
日照りは暑いけれど、桜並木の下は風も吹いて涼しい・・
この桜の木、春になって桜の花が咲くと疎水の翠色と重なって、
絵も言えぬ美しさです。
まるで、日本画のような風雅な世界に変わるのです。


ダリ展にはいつものことですが、かなり年配のご婦人が多いです。
やはり私の年代は沢山いるのでしょう。
日本のご婦人は歳をとっても勉強熱心です。
こんなに難しい絵を一生懸命見つめているのですから・・・
今日のダリ展はかつてなく沢山の作品が来たようです。
油絵、デッサンも入れると128作品になります。
天才ダリの作品を何とか理解しようとするのですが、
理解できるわけがありません。
常人ではない、天才的な感覚をもち、それを絵に表したダリですから、
普通の何も知らない年取った女があれこれ言うのもおこがましいことです。
無礼ですね。


作品の中からもう一度見たいと思って、見に引き返した作品がありました。
それは「風景」と「謎めいた要素のある風景」です。
神秘的な風景というか、
色彩は暗く、見ていると何か押し迫った憂鬱さを感じるのですが、
遠くに明るい光が差し込んでいる。
手前(きっと自分側)は、暗いのだけれど、遠くに明かりが輝いている。
でもその一見暗い色調が私にはとても落ち着いた、
妙に私の感覚に合うのです。
聖書に出てくる陰府とはこんな風景なのかなと想像し、
私なんか輝ける光に満ちた天国などまぶしすぎて落ち着けないから、
ちょうどこんな色彩のところがいいなと、そんなバカなことも考えました。
でも煉獄なのか、陰府なのか、あの風景決して天国ではありません。


特に「風景」は一筋の道が山の向こうの輝く地に向かっており、
その道に長いベールを引きずりながら、
白っぽいこれも長いドレスを着た女性たちが、
手を組み祈るような姿勢で歩いていく。
ひたすらに輝く山の向こうへと・・・
道はグレーなのに、道の両側は真っ黒ではないけれど、鉄色。
やはり希望はあの山の向こうにあるのでしょうか。
ダリの風景(バレエ「ドン・ファン・テノーリオ」の作品についての
私の勝手な感想です。


ダリは富裕な生まれだそうですが、
一族はユダヤ系の血筋と信じていたということであり、
またダリの最愛の妻ガラは父親が弁護士で裕福なユダヤ人でした。
やはりその人並みはずれた能力はその辺にあるのでしょうか。
美術鑑賞はやはり秋がいいです。
贅沢ですけど。


*今日(30日)の読売新聞のダリ展よりに、こんな説明がありました。
「素早く動いている静物」についてですが、テーブルの上のワインと果物、
イチジクの葉はキリスト教を暗示している。
科学はダリにとって神の存在を証明する手段でもあった。
最先端の科学の成果に宗教的要素を融合しようとした。
なお、ダリはカトリックに改宗しています。


2016年8月31日

 

« 被昇天祭 | トップページ | 聖人マザー・テレサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/67270510

この記事へのトラックバック一覧です: ダリ展へ行きました:

« 被昇天祭 | トップページ | 聖人マザー・テレサ »