« ユダヤ戦記より | トップページ | 私のブログについて »

2016年9月22日 (木)

敬老の日

朝から雨が降っています。
今日は教会で敬老の祝いがるので何となくわくわくです。
私も70歳を超えていますので、
老人の仲間になりお祝いしてもらう立場になったのですが。


私の住んでいる市(約40万人)から毎年祝い会のお知らせが来るのですが、
一度行ってこりごりです。
クーラーもない体育館に集まり、お偉い方々の長いお話しを聞き、
何々サークルのお年寄りの踊りや歌の発表を見たり聞いたり、
暑くて脳震盪を起こしそうになり、終わる前に退出しましたが、
プレゼントは、100から200円程度の使えそうもないものでした。
不満たらたら書いていますが、お金のない市ではないので、
つい書きたくなりました。
まあ、住民の多くは老人で、祝いという感じはないことぐらいわかりますが。
女性の3分の1は65歳以上、人口の3分の1は65歳以上となると、
私は老人ですので少し気をつかって下さいというようなことは、
何となく後ろめたくなります。
若い人は大変なのに、子供も大変なのに・・・・


でも今日はミサの中で老人のための祈りを神父さまは捧げてくださり、
祝福の聖水も振りかけてくださいました。
これからも長寿で良い人生が送れるようにと。
聖堂に集まった信者数の約半分にあたる80名くらいの人たちが
立って祝福をうけました。(70歳以上)
そして一人一人にプレゼントが渡されました。
お祝いしてもらったという気持ちになり、とても気持ちが温かくなりました。
これからはできるだけ周囲に迷惑をかけないように、
努めていきたいと思ったことでした。


今日のプレゼントの一つ無料うどん券を持って並んでいたら、
Eさんが「教会で何もしないけど何かの役に立っているのかな」
といわれたので「存在しているということで、
参加しているということで、役に立っていますよ」と私は言いましたが、
本当に属しているというだけです。
最近の老人は特に女性は若つくりしているので、
私から見ても年齢がわかりません。
確かに外側は若くなりました。


ミサのあとで、うどんやプリンなどいただきましたが、
ごいっしょのテーブルの男性の方がおもしろいことを言われました。
「日本のカトリック教会は企業年金と年金でなりたっているといわれています。」と。
この意味は老人が多くて若い人が少ないということであります。
日本の国の状態はそのまま教会の状態でもあります。
来年はまた老人が増えるでしょう。
日本の国も、そして教会も・・・


*私のパソコンは15年使用しましたので、不具合も出てきて、
新しいパソコンに交換しようと思います。
このブログも別の名前でぼちぼち書いていこうかと思っています。
私にとって人生の最終章に向かいつつあります。
交換のため、しばらくお休みします。


2016年9月22日

« ユダヤ戦記より | トップページ | 私のブログについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/67617152

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日:

« ユダヤ戦記より | トップページ | 私のブログについて »