« №204. 日高義樹講演会に | トップページ | №206. 倒れたご婦人 »

2017年2月 4日 (土)

№205. オランダのゲルマンさん

わざわざゲルマン人と書きたくなったのは、

先月(17日)のコラボの講演でゲスト本人のお話よりも、

その体格の立派さに「ゲルマン人」という」印象が強かったからです。



ゲルマンは北欧、ドイツ、スイスなど北ヨーロッパに多いですが、

特徴は一般的にごついという感じです。

優雅とかエレガント、

女性が追いかけたくなるようなタイプではないような・・

今日のお話はまじめ一方・・

オランダには美しいチューリップ、水車、素敵な民族衣装、

そしてゴッホやレンブラントなどの画家もいます。

ところがそのような話は関心がないのか全く触れず。

彼の名はトムさん。

24歳、阪大の留学生、身長191センチ、

講演が終わって話の内容の記憶がない

ということはあまりないのですが、今日は特別です。

それとも私の記憶力が弱くなってきたのでしょうか。



トムさんによるとゲルマン人は身体が大きいのだそうです。

男性は平均185㎝、女性は174㎝、

でどちらも世界№1ですか?



数年前にギボンの「ローマ帝国衰亡史」を読み始め、

これを全巻読もうと意気込んだのでしたが、

途中私にとっては重大な思想上の問題の探求が起こり、

半分だけ読み、イスラムの台頭からはそのままになっていますが、

その中にローマ兵の主戦力ゲルマンが出てきます。

ローマに制圧されたゲルマン人は

その体力と勇猛果敢のために良き?ローマの兵士として

戦力となっていきます。



剣闘士にさせられたものもいます。

彼らは背が高く、美しいとギボンは書いていました。

そして酒以外は(酒が大好き)キリスト教徒よりもまじめであり、

彼らの生活はきわめてまじめであり、ルールに厳しく従い、

女性もいざとなったら武器をとって戦う。

名誉を重んじ、辱めを受けるなら自害していくとありました

何か性格が日本人と似ているなと読みながら感じたことでした。



今日のトムさんは黒髪、黒目でしたが、

金髪、碧眼、白色がゲルマンには多いのでしょう。

2メートル近い大男の兵士軍団は想像するだけでも、

戦車の塊が来るようで恐ろしくなります。

トムさんの話は忘れましたが

ゲルマン人のことを想像できてよかったです。

「ゲルマン人はローマからは野蛮人とされていた」とトムさん。

でもギボンはゲルマン人の精神を評価していました。

ただ、話し合いや戦争でも酒を飲んでいたとありましたが・・


*******

私の隣にいたご婦人が話しかけてきました。

聞いていたら、15分以上も。

講演も終わり、あとは質問に答えていたので、

まあいいかと思って聞くことにしました。

私は私語はきらいですが、「私の夫は5年前に亡くなり、

ショックで体を壊し入院していて、

ようやく元気になった」という話だからです。

知らん顔もできませんでした。

仕事をしていたご主人がある日急に死んでしまった。

何もかもご主人に頼っていたので、

そのショックからなかなか立ち直れなかった。

今は息子と住んでいて、娘は銀行に勤めている。

一戸建ての家に住んでいるけれど、

便利な町にマンションを買うつもり。

4000万円くらいなのを。

毎月命日には墓参りに行く。などなど・・・

 

ご主人はいるの?(今日は私一人でいったから)「いますよ」というと、
ご主人を大切にね。・・・というお話でした。


2017年2月4日

 

 

« №204. 日高義樹講演会に | トップページ | №206. 倒れたご婦人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №205. オランダのゲルマンさん:

« №204. 日高義樹講演会に | トップページ | №206. 倒れたご婦人 »