« 大規模修繕工事の真っ最中 | トップページ | 母の日に思うこと »

2017年5月 9日 (火)

私のお墓

Img_1442

Img_1478
Img_1487

空は青空、熱くもなし、寒くもなし、心身共に心地よい。
ということで3年振りに京都のお墓に行ってきました。
まだ誰も入っていない空の墓です。
夫と私のために7年前に購入しました。


あの当時私たちの思いは土に帰りたいということで、
植樹墓に憧れ、探して探して、
大阪から京都は少し遠いですが気に入ったのですぐ購入して、
言葉と私たち夫婦の名前も刻んだのでした。
宇治の平等院から車で10分の山の中の広大な公園のような美しい場所です。
2年前にMカトリック教会の納骨堂を買い求めたのですが
墓は2つもいらないし、墓を見比べて、やはり大空の中、
花と緑と川のあるまるで
パラダイスのような公園墓地の方を最終とすることにし、
教会の納骨堂は廃止することにしたのです。


この植樹墓地はいったん購入すると永代で、
某業者のように10年とか20年たったら共同墓地に移動ということはなく、
内部の骨が完全に土に帰ることができます。
それがとても気に入ったのです。


3年振りの私たちの墓は変わりなくそのままありました。
小さな墓の前には細いきれいな川が流れ、
墓の上部には芝桜が美しく咲いていました。
今日は日曜日で家族の人たちが何組かきていました。
墓の前で声を出してお経を唱えている人、
きれいな花を置いて、墓を何度も撫でていく人、
それぞれの思いを感じます。


私はなぜか墓が大好きです。
この静謐な雰囲気が何ともいえません。
そよぐ風、色とりどりの花、よく管理された清潔な芝生、
天国があるならばこんな風景かなと思います。
いつまでもいたいなと思いつつ、
二人で自分たちの墓を見にくるのはあと何度かなと思ったり・・・
いつかは一人で来ることになるのでしょう。


墓所の帰りはいつも平等院に寄ります。
本当に近いです。
今日は沢山の内外からの観光客でした。
平等院の美しさもですが今日は特に藤の花が美しくて、
見とれてしまいました。



2017年5月9日

« 大規模修繕工事の真っ最中 | トップページ | 母の日に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/70516715

この記事へのトラックバック一覧です: 私のお墓:

« 大規模修繕工事の真っ最中 | トップページ | 母の日に思うこと »