« №223. 父の思い出2 | トップページ | №225. 日野原重明先生の講演へ »

2017年7月13日 (木)

№224. 蓮の花

Img_1671

 

Img_1670

 

暑い日でしたが、蓮の花を見に万博公園に行きました。

最高に美しい花々が慎ましい姿で咲いていました。

気品と謙虚とそして何よりも浄化された精神を感じさせます。



最近私は「あるヨギの自叙伝」パラマハンサ・ヨガナンダ著を読んでいますが、

その中に蓮の花について、このような記述がありました。



「蓮の花は、インドにおいては昔から神性の象徴とされている。

その花びらが開いてゆくありさまは魂の広がりを示唆し、

泥の中から生長して、しかも清純な美しさを保つ姿は、

永遠不変の愛を約束する神の霊を表すものとされている。」

本当にその通りで、心が洗い清められるようです。



このブログはしばらく休みます。
魂の旅に出ます。
それは私の内奥にあるという神への道にむかって・・・です。


2017年7月13日

 

« №223. 父の思い出2 | トップページ | №225. 日野原重明先生の講演へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №224. 蓮の花:

« №223. 父の思い出2 | トップページ | №225. 日野原重明先生の講演へ »