« 灯をともされて | トップページ | 故渡部昇一先生・・・死ぬことは何の心配もない »

2017年10月27日 (金)

私の誕生日

大型台風21号が来たようです。
風も雨も強くなってきました。
それなのに私は教会のミサに出掛けました。(私一人で)
殆ど一年弱、教会のミサはご無沙汰してましたが、
何の変化かミサに与ることがすごく嬉しくなってきました。


ユダヤ、仏教、ヒンズーの学びをしているうちに、
キリスト教の深さがわかってきたような感じです。
他宗教とのちがいではなく、
他宗教から教えてもらったという感じです。
ベトナムの禅僧侶の本を読んでいて、
「ここで(サンガ)学んだあと、あなたのルーツに帰りなさい」とありました。
特にキリスト教徒に対して・・・
他を学び、そして自分のルーツに帰ること・・・それが大事であると。


特に今日は私の誕生日。
ミサに出て自分を祝福したいと思いました。
今日は私の誕生日よと誰に言うわけではなく、
ただ神の祝福を受けたく思いました。
雨、風も私を祝福してくれている。そう思います。


今日の参列者はいつもより少なく席も空いていました。
(それでも150人ほど)、
年寄りの方は安全上来なかったのかもしれません。
教会において人との会話は大切かもしれないけれど、
教会はまず神と自分との出会いであり、
教会は人に会うためではないと思っています。
私の行く教会はミサが終わるとすぐ帰る人の多いこと。
お寺詣でに近い感覚です。
コーヒーとパン(100円)は出るのですが、
ゆっくりしないで帰る人が殆どです。
ミサだけおいでになるのです。
その気持ち、私にはわかるようになりました。


雨の中、すべらないように気をつけて、
ゆっくり帰りました。(この年で骨折は要注意)


夕方には夫が私の誕生祝いをしようと言ってくれたので、
これもまた台風の中、でかけることになりました。
何といいましょうか。
風雨の中の誕生日です。
こういうことをやる夫婦もまた面白い夫婦だと思います。
ホテルで食べる計画は普通の店のなべ焼きうどんとなりました。
でもこれが美味しかった。
そして店のお隣にある本物のコーヒー店。
手作りのケーキと挽きたてのすごくおいしいコーヒーです。
これはちょっと贅沢しました。
誕生日を祝ってくれる人がいるということは幸せなことです。
私はこの幸せを普通だと思ってはいけませんね。


帰り、台風は凄まじかったです。
傘は骨が折れ、壊れました。
壊れた傘で頭だけは守り、
横殴りの風雨の中、夫と濡れながらようよう家に・・
よくやるよと何となく面白くなりました。
忘れられない74歳の誕生日です。



2017年10月27日記す

« 灯をともされて | トップページ | 故渡部昇一先生・・・死ぬことは何の心配もない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/72072622

この記事へのトラックバック一覧です: 私の誕生日:

« 灯をともされて | トップページ | 故渡部昇一先生・・・死ぬことは何の心配もない »