« №249. 寒い日 | トップページ | №251. 春に向かって »

2018年2月15日 (木)

№250. 人間とは違うもの

私の行っている教会は、梅田の中心に近く、非常に便利なところです。

建物は現代建築そのままで、一見これが教会?という感じです。

ある人によると全体はノアの箱舟を模しているということですが、

誰に聞いても、この教会の建物の意味はよくわかりません。

はじめは違和感があり、ああ、ヨーロッパにあるような美しい、

荘厳な雰囲気のある教会だったらいいなと思いましたが、

今はこのよくわからない建築物が何か好きになりました。




建物は四階建てになっていて、聖堂は三階にあり、

一階は広いロビーになっていて、いろいろな用事の方
(一般人、学生、他宗派の人、諸集会列席者)が出入りしています。




わたしが入っていく時間帯には外国の方々がいっぱいいて、

話したり、書店で買い物したり、何か食べたりしています。

国は様々ですが、多いのはフリィピン系の人です。

ときにはインド、パキスタン、バングラデシュのような人も見えます。

日曜以外は南米系の人も多く集まるようです。




今日はにぎやかです。

アジア系の40人ほどの人たちが椅子にかけて、

代わる代わるマイクをもって歌の披露です。

英語かタガログ語かわかりませんが、

とにかく楽しそうに手拍子をとりながら、歌っています。

もちろん聖歌ですが。




日本人はそれを横目でみながら、11時からのミサのため三階にいきます。

外国の方々は9時からなので、終わって仲間同士の交流会をしています。

今日は食事も少し豪華なので、何の祝日だったかなと、無知な私は思いましたが




三階の日本語のミサはとても静かで、90%が日本人、残りが外国人です。

日本語のミサは仏教系かと思うほど、瞑想的な歌であり、

どちらかというと内省的な雰囲気です。

ところが日本語ミサが終わり、聖堂から下に降りていくと、

別の世界が広がっているという感じです。




顔があったら挨拶します。

言葉はわからなくても、笑顔は同じです。

毎週違う国の人と出会っていると、本で読むのとはちがう勉強になります。

日本人はどちらかというと頭で考える。

ドイツとかスイスの気質に似ているような。

でも頭で考えるというより、体で受け止めるという気質もあるのだとわかりました。

考えるより先に手足が動く。

歌が出てくる。

ハグし合う。




ロビーの隅っこで、大鍋が3つほどシュー、シューとふいていました。

皆で鍋を囲んで、また歌を歌い、踊るのでしょう。

楽しそうでした。

日本人でも異文化にすっと入っていける人もいます。

外国人でも日本人と同じような人もいます。

植物や動物にも様々な種類や特質があるように、

人間にも多種の気質があるのでしょう。

それがまた神の働きの多面性であり、多要素であり、

それはいろどり豊かな世界のためかもしれません。

2018年2月15日

« №249. 寒い日 | トップページ | №251. 春に向かって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №250. 人間とは違うもの:

« №249. 寒い日 | トップページ | №251. 春に向かって »