« 人間とは違うもの | トップページ | 私と洗礼 »

2018年2月23日 (金)

春に向かって

太陽があまり出ないような国の人にとっては、
春はどれほど待ちわびる季節であることか。
今年のように雪が多く降り、
氷点下の日々もあるような寒い日が続いてきた日本でも、
ことのほか春は早く来てほしいなと思います。
でもようやく道端の木々も春の準備をはじめました。


最近日本でも復活祭ということばが知られるようになり、
クリスマスとともにいつか定着するのかもしれません。
意味はどうでもいいようで、
その雰囲気がムードが魅力のようです。
復活祭には教会でゆで卵にきれいな絵を描いて、
来た人たちにお祝いとして渡されます。
復活祭はもちろん、イエス・キリストの復活のお祝いの日です。
その日まで約40日間、心して意味をかみしめ
迎える準備をするのですよと今日のお説教のお話でした。
私もこのイエス・キリストの受難の日々を
心に留めながら生活しなければと思いました。
マタイ受難曲はこんなときに聴いたらいいのでしょう。


今日(18日)来る復活祭に洗礼を受ける人たちが紹介されましたが、
ほぼ20人くらいの老若男女がずらりと並ばれました。
カトリックの勉強は一年くらいかかるのです。
それをあと一か月で終了し、洗礼を受けられる皆さん。
心から拍手をしたいです。
自ら求めて学ばれたのですね。
神とともに歩む道を自ら選ばれた人たち。
胸が熱くなりました。
洗礼はゴールではなく新しい一歩の始まりですが、すばらしい道です。
皆さまの復活祭での洗礼式が楽しみです。


ミサの後、月一回のうどんの日があり、
今日は本当に久しぶりに食べることにしました。
夫と知り合いの人といっしょに。
殆ど一年半ぶりです。


私の前に外国の青年がうどんを一生懸命食べていました。
この人はクリスマスのお祝い会にも来て、
一人で寂しそうに食べていたのを思い出して、声をかけました。
すぐににこっと笑って答えてくれました。
夫も話しかけ、他の人たちも話しかけて、
彼はうどんを食べている余裕がなくなったようですが。
でもとても嬉しそうで、終始にこにこしてました。


コロンビアからきている阪大の留学生だそうです。
日本の教育、それも道徳を学びに来たそうで、ちょっと驚きでした。
お名前はと聞くと、「マルコ福音書のマルコ」とまた嬉しそうに。
それからは周りのもの「マルコさん」と呼び始めました。
20分ほど話して、わかれるとき、マルコさん、「嬉しかった!」と言いました。
ずっと教会にきていたのに、声をかける人あまりなかったのですね。


声掛け運動ではないけれど、
笑顔だけでも、ちょっとした言葉だけでも、
気がついたらかけようと思ったことです。
わたしにできることとはそんなことかな。



2018年2月23日

« 人間とは違うもの | トップページ | 私と洗礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880059/72981814

この記事へのトラックバック一覧です: 春に向かって:

« 人間とは違うもの | トップページ | 私と洗礼 »