« №254. 金婚の祝い | トップページ | №256. 復活祭 »

2018年3月28日 (水)

№255. 天界の音楽

*ヒルデガルトのことはウキペディアでも詳しく出ています。是非検索してください。

*****************

便利な世の中になったものです。

ずっと昔の人から見たら、魔法を使っているのではと思うのではないでしょうか。

アマゾンからヒルデガルトのCDを注文したら、はるばるアメリカから届きました。

よく見ると作られたのはEUです。

信じられない、速さで着きました。

値段も送料込みで、1000円ほどです。




ヒルデガルトの音楽をパソコンで聴いているうち、CDが欲しくなりました。

ヒルデガルトは実際に聴いた天界の音楽を譜面にしました。

そして神への賛歌である言葉を沢山残しました。

それを現代の歌手が歌い、世界中で販売しています。

天界の音楽を書き記した人なんて、そうあるものではありません。

ヒルデガルトは検索してみればわかりますが、ほぼ900年も前のドイツの神秘思想家です。

カトリック教会では聖人となっていましたが、さらに2012年に教会博士となりました。

とにかく、あらゆる面において、偉大なひとです。

やはり魂が清められるような、心安らぐ美しい音楽です。


********


音楽とともに、今ヒルデガルトの膨大な著書の中から、

代表的な作品といわれる「道を知れ」と

「神の御業の書」のキンドル版を手にいれて、翻訳機に頼りながら、

驚くべきメッセージを読んでいます。
(英語キンドル版は夫が捜しました)

これほど、天界の有様を見て、聞いて、書き残した人は古今東西ないかもしれません。

恍惚状態や忘我の状態ではなく、あくまでも冷静、理性的な目で,その啓示を受けた方です。

謙虚な眼で、心で、読むとき、見えない天界の有様が

ごく自然に心の中というか、魂の中に入ってきます。

残念ながら、日本語訳は「道を知れ」の第2部しかありません。




ヒルデガルトは最近になって、ようやく今の時代に蘇った感じです。

今こそ、彼女が受けた天のメッセージが必要とされる時はないのかもしれません。

「預言者、科学者、音楽家、画家、詩人、医者、神学者、説教者、薬草学等々・・」

あらゆる分野に秀でた人であり、中庸ということを大切にした人です。


2018年3月28日

 

 

 

 

 

 

« №254. 金婚の祝い | トップページ | №256. 復活祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №255. 天界の音楽:

« №254. 金婚の祝い | トップページ | №256. 復活祭 »