« №260. 本、言葉の紹介3 見えないものを大切に | トップページ | №262. 本、言葉の紹介 「人生の秋に」 »

2018年6月28日 (木)

№261. 本、言葉の紹介 聖母文庫の紹介

https://bookmeter.com/books/337228

アウシュビッツの聖者コルベ神父の本の感想です
聖母文庫の本はアマゾンで検索すると沢山出てきます。
**************

1930年4月24日、

長崎に上陸したマキシミリアノ・コルベ神父は、

ただちに早坂久之助助司教を訪ね、

出版物によるキリスト教宣教の許可を願いました。


長崎到着の一か月後、

月刊「無原罪の聖母の騎士」1万部を出したのが、

コルベ神父の日本での出版宣教のスタートでした。

それから約6年間、コルベ神父は昼夜をわかたず、

「聖母の騎士」の出版に心血を注ぎました。

難解な日本語の活字を一本一本苦労して拾い、印刷しました。

コルベ神父のモットーは、一冊でも多くの「聖母の騎士」を出すことでした。

そのため、質素な生活に甘んじ、全精力を出版活動に傾けたのです。
・・・・聖母文庫発刊にあたってより


それから88年、聖母文庫として、

今もなお、良質な正統派の書物を、

廉価な持ち運びやすい形として提供されています。


*アマゾン等で聖母文庫を探されると、
かなりの量と種類の本が出てきます。
ご自分にあった願い通りの本が手に入るかもしれません。
今、私が読んでいる本の中にも、数冊の聖母文庫があります。

*******************

「コルベ神父のその後」

日本の長崎に来て6年後、

神父はポーランドに帰らなければならなくなりました。

ポーランドで大規模な活動をしていましたが

第二次世界大戦が始まり、ナチスに逮捕されました。

その地獄の収容所(アウシュビッツ)で、一人の仲間が脱獄し、

すべての囚人は炎天下に一日中直立不動の姿勢をとらされ、

その中で10人が餓死刑を受けることになりました。


10人が選び出されました。

選ばれなかったものはほっとしたのです。

10人のうちの一人が、泣き悲しんでいました。

そのとき、

「お願いします。私は彼の代わりになりたいのです」と申し出たのが、
コルベ神父でした。

コルベ神父の申し入れは聞かれ、地下牢に素っ裸で入れられました。

そして、地下牢からは救いを求める叫びや呪いではなく

静かな祈りのささやきでした。


ナチスの兵にとって、

コルベ神父の目に輝く平和と静けさは、耐えられないものでした。

14日後、生き残っていたのは、4人で、

意識のはっきりしていたのはコルベ神父一人でした。

4人は毒物の注射で殺されることになり、

コルベ神父は自分の腕を自ら差し出し注射を受けました。

後ナチスに強いられて手伝った囚人の一人が

「私が入ってみると、顔は輝き、目は天を見つめたままで壁によりかかり、

コルベ神父は死んでいました。

その姿は高潔そのものでした」と語っています。


神父はカトリックで、聖人とされましたが、

これは「奇跡」といわれています。

神父は47歳でした。

1941年の夏、天国に召されました。

 
このコルベ神父の詳しい話も聖母文庫に何冊かあります。
「アウシュビッツの聖者コルベ神父」、「ながさきのコルベ神父」 


キリスト教に触れたい方、生きる指針として読んでみたい方、
そして信仰を深めていきたい方、
聖母文庫の何れかの本が心に喜びを与えることと思います。

 

2018年6月28日

 

*上部右枠の「バックナンバー」をクリックすれば、

 2017年12月以前のブログが表示されます。

« №260. 本、言葉の紹介3 見えないものを大切に | トップページ | №262. 本、言葉の紹介 「人生の秋に」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №261. 本、言葉の紹介 聖母文庫の紹介:

« №260. 本、言葉の紹介3 見えないものを大切に | トップページ | №262. 本、言葉の紹介 「人生の秋に」 »