« №267. 聖母被昇天祭 | トップページ | №269. 私の小さな歩み(2) 新しい第二の出発 »

2018年8月28日 (火)

№268. 有難うございました

わたしの小さな歩み」をお読みくださってありがとうございました。

過去の思い出を書くということよりも、

現在進行形の、私の日々のそれこそ小さな歩みを書いてきたのですが、

わたしの歩みの中で一つでも参考になれば嬉しいですが,

不必要なものは忘れてください。


私の残りの人生は過ぎ去った年月に較べれば、僅かしか残っておりません。

その残りの年数の中に身体の不調や、周辺の変化が起こってきます。

人生の最後の総仕上げということが待っています。

誰にでも襲う病気や、嫌ですけれど認知症など。

不慮の出来事が起こってくるのはこれからです。

その残されたまだ健全な数年の間

私はヒルデガルトと岩下壮一師のカトリックの真髄を学び、

天国へのおみやげにしたいと思います。


このカトリックこそ、わたしにとって正当なるキリスト教である、

2000年来継承されてきた、純なる教えであると信じるからです。

それから聖アウグスティヌスも、学びたいと思います。

力のある限り、学び、理解し、

わたしの生は素晴らしかったと心から感謝して、

この地上生活を終えようと思います。


共に学び、共に信ずる夫とともに、死の日は別でも、

今生と同じように天にても共にあることを祈りながら・・・

この数年間、ありがとうございました。

読んでくださった方の神の祝福を祈ります。

御一人、御一人が実り豊かな生をお送りください。・・・・・・感謝


******

本について 
私の人生は本と共にです。

もの心ついたときから、本を読み始め、

だいたい月に3冊から4冊を読んできました。

74歳の今で、どれくらいの本の数になるでしょうか。

けれども、最終的に大切な本は数冊程度になりました。

聖書、ヒルデガルト、岩下壮一師のカトリックの本です。

ヒルデガルトと岩下壮一師のカトリックが2000年来継承されてきた、

キリスト教の真実の教えのように私には思われます。

そして、それで十分です。


2018年8月28日

 

聖アウグスティヌスの記念日に

 

*上部右枠の「バックナンバー」をクリックすれば、

 2017年12月以前のブログが表示されます。

 

 

« №267. 聖母被昇天祭 | トップページ | №269. 私の小さな歩み(2) 新しい第二の出発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №268. 有難うございました:

« №267. 聖母被昇天祭 | トップページ | №269. 私の小さな歩み(2) 新しい第二の出発 »