« No.273 神様に感謝します | トップページ | No.275東京ドーム5万人ミサ »

2019年11月24日 (日)

No.274 死はある日突然に

死はある日突然に

 

018_07 「ねえ、Hさんのこと知っている?」と買い物で出会ったKさん。

「いいえ、この頃会わないので、どうしたのかなと思っている」と私。

Hさん、亡くなったそうよ。」Kさん。

あまりのことに、何の実感もわかないまま、信じられないまま、・・・

一か月ほど前に彼女に会いましたが気になることはありました。

言葉がうまく出てこないで、何かうやむやと言っている感じでした。

 

Hさんは、ご主人を亡くして、約20年。

社交ダンスもしているので、姿勢のすごくいい人で、

すらりとした体は、後ろから見ると60代くらいでした。

彼女の実年齢は、80歳です。

そもそも、彼女自身が死ぬとは思っていなかったのではないでしょうか。

 

私のマンションで突然死は多いです。

もちろん、70代、80代の人です。

ということは、私にもある日、突然に死がやってくるということもあります。

災害や事故による死もこのような突然死になるでしょう。

 

人は死ぬ瞬間、何を思うのでしょうか。

いろいろ偉い方々がお書きになっていますが、書いた方は死を経験なさってはいません。

ただ、病院や施設で看取る人は、その当の人の死にゆく姿を見て

眠るようにとか、苦痛もなく、安らかだったとか言われるかもしれませんが、

私はその人の深奥にある本体である霊魂がどうであったのかを考えてしまいます。

外側の肉体を動かしているのは、その人の霊魂です。

身体は霊魂が体から離れると、ちょうど風船から空気が抜け出てしまうと、

しわしわになってしまうように、また脱ぎ捨てられた衣類のようになってしまいます。

 

「Hさん あなたは、どこへ行ったのですか?」

肉体のあり方ではなく、其の方の本体です。肉体がその人の本体ではありません。

Hさんは、どこへ行ったのですか?」

 

数年前に亡くなられた渡部先生(カトリック)が、

息子さんに「大丈夫だ。死ぬことは何の心配もない」といわれたそうですが、

先生は日ごろから死に対して、準備をしておられたから、そのように言われたのだと思います。

ご自分がどこに行こうとしているかをよくご存じだったのです。

この私のブログの記事№236に、

渡部昇一先生のことを少し書きましたので、読んでくださったら嬉しいです。 

死んでからの自分の行くところを、学んでみるのも有意義なことだと思います。

 

046_08

アウグスチヌス「神の国5」第21巻第3章より

(概略)

魂は神なしには、生きることはできません。

魂が現存することによって身体は生き、支配され、苦痛を感じることができます。

身体のものだと思われている苦痛は、魂に属しています。

身体が傷つけられた場所で、苦痛を感じる場合、

苦痛の原因は身体であっても、苦痛を感じるのは魂です。

 

聖書ルカによる福音書16:23-24の中で、

金持ちが「わたしはこの火炎で苦しんでいます」といったとき

彼は陰府(よみ)で苦痛を感じていたのです。

だから、身体の死は苦痛の解放とはなりません。

 

苦痛を感じるのは、魂です。

そして魂は死にません。

ゆえに、アウグスティヌスが言うことは、身体が死んでもすべての苦痛は消えないということであり、

人によっては、魂の苦痛は永遠に続くということです。

魂は神によって作られました。

やはり自分を造られた創造主(神)とのかかわり方が、

永遠に続く苦痛となるのかならないのかの分かれ道ではないでしょうか。

これもまた、神によって与えられた各自の自由意志によって選びとることですが、

 

Hさん、あなたはどこにいますか?」

 

2019年11月24日

 

« No.273 神様に感謝します | トップページ | No.275東京ドーム5万人ミサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。