« No.278 降誕 | トップページ | No.280 私の元旦ミサ »

2019年12月28日 (土)

No. 279 おめでとう。平和あれ!

Img0288 (カトリック教会では降誕祭は終わっても、

クリスマスの喜びは、来年の一月6日頃まで続きます)

 

聖堂の中に、次々と人が入ってきます。

今日はクリスマスイヴ、通常のミサに来ない人、来れない人も今日は特別です。

普段の2倍近い信者たちがお祝いに来ます。

これでも、日本語と英語のミサは分かれているので、

両方の数からすると、800~900名になるかもしれません。

年々、外国の方が増えています。国籍も様々、人種も様々、

 

ミサを執り行うスペインの若い神父さま。

どんなに働いても疲れをしらない年代、お顔を見ているだけでも、

若いエネルギーが注入されるようです。

 

聖堂内の灯をすべて消して、それぞれがローソクを持って、歌うとき、

私はいつも遠い昔を思い出します。

地方の町の小さな教会で、親にやっとの思いで許可を得て教会のクリスマスに参加して、

あの明るい雰囲気の中で、「おめでとう、おめでとう」と言い合うとき、

私は全身に喜びと悲しみが交差するのを感じました。

自由に教会に来れない。その辛さは自由に通える人にはわかりません。

私は教会が大好きでした。

 

あのときのあの悲しみが思い出され、今の私の環境がまるで嘘のように思われます。

そして夫婦で共に集うことができます。

今日来ている人の中にも、家族に気兼ねしながら来ている人もいます。

病人をかかえている人もいます。

本人が病に、あるいはどうしようもない状況のもとで、

クリスマスのお祝いもできない人はいます。

今、集っている人の感謝と思いが主の降誕に向けられ、

そこにおいて一つになる、これこそ奇蹟です。

***********

 

次の日(25日)は、インターナショナルクリスマス、

日本人中心ではなく、外国の人と共にお祝いする日です。

日本語、英語、スペイン語が話され、祈られ、歌われました。

今日も20~30ヵ国の人たちが来ています。

これもまた、素晴らしいひと時です。

25日のクリスマスは今年は平日で、働く人は来るのは難しいはずですが、

500人~600人は集まりました。

三分の二は外国の方です。

外国のカトリック教徒は、私のように未熟なカトリックではなく、

生まれたときからの人が多いので、クリスマスを本当に聖なる日として大事にします。

前もって休暇をとって、ミサに参列するのでしょう。

 

人種を超えて、集まり、歌い、祈るとき、同じ信仰のもとに、一つとなって溶け合い、

これこそ奇蹟のように思われます。

お互い言語もわからない同志が、共に祈り、賛美し、ミサに与る。信じられないようなことです。

そして、「メリークリスマス!」・・・心からの「メリークリスマス」

 

神の平和が世界中に行われ、すべての国が国境を越えて、

一つの神の礼拝において一つにまとめられるという、新たな普遍性です。・・・

すべての民族は、神の家に集まり来り、唯一の神である主に礼拝を捧げる未来の姿・・

「ナザレのイエス2」名誉教皇ベネディクト16世 春秋社発行より

 

2019年12月28日

 

« No.278 降誕 | トップページ | No.280 私の元旦ミサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。