« No.275東京ドーム5万人ミサ | トップページ | No.277 サンタクロースの真の意味 »

2019年12月10日 (火)

No.276 私の見習いたい人

Img0104-1 見習いたい人は、いつでも同じ信仰を共にする人たちとは限りません。

素敵な生き方をしている人は、私の身近にも沢山いらっしゃいます。

 

先月私は3週間ばかり、インフルエンザではないけれど、

少ししつこい風邪を引いて、かなり苦戦をしました。

一番ひどいとき、息ができなくて、窒息寸前になりそうで、

「主よ、助けてください。マリア様、助けてください」とお願いしました。

私は頑固な性格なので、自分の体の苦痛や不具合に対して

あまり神様に助けをお願いしないのです。

何か申し訳ないような気がするのか、自力でできることは自力でと思ってしまうのです。

本当は自力でしていると思っていることは、すべて神様の助けであることはわかっていますが。

でも、風邪も3週間で治り、ようやく正常になりました。(私は薬アレルギー)

 

私と同じ自力専門の方がいるんです。Sさんです。

その見習いたいという人は、私の住んでいるマンションの方で、

お独りになられてから、もうかなりになります。

「お歳は!」と聞いたら、「女性に歳を聞くのは失礼よ」と言われました。

こればかりは理解できません。

なぜ女性に歳を聞くのがいけないのか、聞かなければ騙されたり、間違えてしまいます。

特に男性をごまかすためかと思ったりしますが。

まあ、それはさておいて、だいたい、Sさんの歳はわかります。

五木寛之より少し上ですから。ということは、御歳88歳ということです。

 

Sさんは、ごく普通の女性です。

「病院には一切行きません。薬は飲みません。健康診断など、やったことはありません。

血圧を毎日計るだけです。一日一回は必ず外出する。食事は果物、野菜が中心。

あとは、会話する人もいない(子供はいない)ので、仏壇の夫と話します。

日常の生活は規則正しくします。それだけです。本が大好きで、毎日本を読みます。

他は何も特別なことはしていません。」ということです。

ただ、何もかも一人でしないといけないので、結構忙しいのだそうです。

 

Sさんは、メガネもなし、歩く速度も私の2倍は速い。

スーパーで買い物をしているSさんに声をかけ、しばらく話すが、

やはり耳が少し遠いのか、声がちょっと大きくなるが、それ以外は頭はしゃきしゃき。

「声をかけてくれて、有難う。話せて嬉しい」ということでした。

Sさんは、私のこれからの生き方の模範です」と心から思っているので、そう言うと、

「御主人を大切にね。できるだけ長くご一緒にね。」と。

 

アウグスティヌスの言葉を思い出します。

「人を助けたりすることは、大切なことだし、常に心がけることは大事だけれど、

私自身は、自分で自分を助ける。人を頼らないで、できるだけ自分でやる。」と。

 

「神は自ら助くるものを助く」イギリスのことわざ

God helps those who help themselves.

意味:神は自分自身で努力する人に手を差しのべる。

人に頼ろうとする前に、先ず、自助努力をしなさい。

 

自力という意志力も、実は神から与えられた力なのです。

けれども、その意志力を使って

自ら努力しようとするものを神は助けて下さるのです・・ということだと思います。

 

2019年12月10日

 

« No.275東京ドーム5万人ミサ | トップページ | No.277 サンタクロースの真の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。