« No. 279 おめでとう。平和あれ! | トップページ | No.281 老人の祝福 »

2020年1月 1日 (水)

No.280 私の元旦ミサ

011_05 日本人の多くは、元旦には初詣に行くでしょうが、

私は教会へ行きます。

晴れた清々しい日、年の初めはやはり、

何か素晴らしいことが待っているのではないかと期待し、

希望を持って進もうという気持ちになります。

 

教会の9時からのミサは英語のみ、11時からは日本語のみですが、

夫が英語ミサを見てみようというので、早く行くことにしました。

英語ミサは半分くらいは終わっていましたが、

元旦そうそう来ている外国の方は、500名ほど。

英語のミサが終わって聖堂から出て来た顔見知りの人の中に、

この前の20日のパーティで知り合ったナイジェリアの方がいて、

Happy New Year」と言って握手をしてくれました。

こちらも慣れぬ英語で「Happy New Year」です。

前身黒で決めたかっこいいファションでしたが、アパレル関係の仕事をしているとのこと。

カメルーンの友達は今日は来ませんでした。

私の教会は、とにかくいろいろな国の人が来ます。びっくりします。

 

マリリンがにっこりして、「あめでとう」と言ってくれ、

私が「あなたにとって良い年でありますように」と言うと、

彼女は首を横に振って、「ううん、みんながハッピーになるように」と何度も言いました。

みんながハッピーになるように・・・

彼女は50代で日本人の夫を亡くした未亡人で、一人で暮らしています。

その彼女が、みんながハッピーにならなければいけないというのです。

彼女の手を握っていると、彼女の温かい血が伝わって来るようでした。

 

またこんなことがありました。

この間まで、ミサの最中、何度も車いすごと倒れた若い青年。

彼はてんかんの持病をかかえ、いつ発作が起きるか絶えず不安の中にいるのです。

また薬の副作用で、その影響も出ています。

その彼が29日、突然立ち上がり、立ったままミサに与りました。

あれほど弱っていたのに。

後で聞くと「聖霊が立ち上れ」と言ったのだそうです。

そうして今日も倒れたときに頭を打たないために枕をかかえ、

細心の準備をしてミサに臨んだのですが、彼は立っていました。

夫が後で聞くと、「マリア様が助けてくれた」と言ったそうです。

 

今日もいろいろなことを神様は見せてくださいました。

「神よ、あわれみと祝福をわたしたちに。

 あなたの顔の光をわたしたちの上に照らしてください。

 あなたのわざが世界に知られ、

 救いがすべての国に知られるように。

 詩篇67:2-3

 

このブログを読んで下さる皆さまに

Happy New YearI pray to you for the grace of God.

 

2020年1月1日

« No. 279 おめでとう。平和あれ! | トップページ | No.281 老人の祝福 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。