« No.283 アウグスティヌス | トップページ | No.285 いつもの日曜日、けれども違う日曜日 »

2020年1月28日 (火)

No.284 主よ、終わりまで

010_02 青春の日々にこそ、

 お前の創造主に心を留めよ。

苦しみの日々が来ないうちに。

   「年を重ねることに喜びはない」と

 言う年齢にならないうちに。

 太陽が闇に変わらないうちに。

 月や星の光がうせないうちに。

雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。

    コヘレトの言葉 12章1-2節

 

 わたしは、強く雄々しくあれと命じたではないか。

 うろたえてはならない。おののいてはならない。

 あなたがどこに行ってもあなたの神、主は共にいる。

       ヨシュア記 1章9節

 

私の夫は、80歳になりました。

79歳とはたった1歳違いなのに、すごく年取った感じがします。

いよいよ、最後の旅路が始まったという思いです。

もうすぐすると、私も後を追って、80の道を歩き出します。

ここまで、無事に守られたこと、

私は神にどれだけの感謝を捧げればいいのでしょう。

私たち夫婦は、健康に恵まれました。

真面目な生活をしてきたからだと言ってくれる人もいますが、

真面目な生活をしている人は、沢山います。

でも、病気になる人はなっていますから、原因はわかりません。

ただ、感謝です。

 

二人とも、若い日にキリスト教徒になりました。

教会を離れたこともありましたが、神さまから離れたことはありません。

けれども、神様に対して、いつも忠実であったわけではありません。

カトリックから見れば、明らかに異端的な道にも何度も行き

その都度強い御手によって引き戻されました。

「もう、それはそのへんでいい」ということでしょう。

今思い返せば、多くのことを見たり、聞いたり、味わったり、

そのために苦しんだりしました。

 

現世の生活が一番大事なこととして生きて来たのではありません。

現世の生は、確実に終わります。

常に真理(神)を探し続けてきました。

生まれたときから、ずっとそうしてきました。

この世に生まれたのは、神(カトリックでは真の父という)を探すためでした。

「わたしはどこから来たのか」

「わたしは何ものなのか」

「わたしはどこに行くのか」

 

この一生をかけた問いは、今私には、はっきりとわかります。

神に反逆したアダムの子孫である私は、

生まれたときから原罪を背負い、神から離されていて、

そのためにこの世で真の父(神)を探さなければなりませんでした。

そうして、神が人となられたイエス・キリストの十字架を通して、

神である存在へと帰る道が与えられ、

私はアダムが罪を犯す前の幸せな状態の中へと帰っていくということです。

(アウグスティヌスは、十字架のことを木の舟といっています。

舟に乗って海を渡り、神に帰るということです)

 

私の夫もまた、同じ道を辿っています。

私たちには、目的があるのです。

神ご自身の中へ、帰るということなのです。

80歳になった夫を見ながら、私は言います。

「帰りましょう。私たちの本当の居場所へ。

真実の安らぎのある場所へ。素晴らしいパラダイスへ」

 

2020年1月28日

 

« No.283 アウグスティヌス | トップページ | No.285 いつもの日曜日、けれども違う日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。