« No.286 素敵な先生 | トップページ

2020年2月18日 (火)

No.287 平穏に

010_02_20200218210001 私のこの小さなブログも、

 毎日「コロナウイルス」の影響から逃れられず、

やはり少しは書かざるを得ません。

毎日、メディアでの報道に、

あるいはネットでの報道に一喜一憂する日々です。

街はマスク姿が多く、電車もいつもより人の乗り降りは減っています。

車掌さんも、マスク、お店の人もマスク・・・・

そういえばお店からマスクが消えました。

 

毎日曜日のミサもますます人は少なくなり、

空いた椅子が目立つほどです。

特に外国の方の減り方は、すごいです。

よほど注意をしているのでしょう。

日本人のように保険が全員に適用されるわけではありませんから。

 

でも、そういう状態の中で、今日はとても嬉しくなる出会いがありました。

アルジェリアから来たというとても個性的な黒人の方。

誠実で、明るく、見るからに魅力ある男性です。

彼と私たち夫婦が話していたら、すーと近寄って来たきれいな日本の女性。

彼女は

「私はこの人と結婚します。私はカトリックではありませんが、カトリックになって結婚するんですよ。」

と嬉しそうに自己紹介してくれました。

きっと今カトリック入門講座を受けていて、

今度の復活祭に受洗し、その後結婚するのかもしれません。

「この教会で結婚式をします。」と彼女は、嬉しそうに言いました。

 

アルジェリアの彼は日本語は下手、彼女は英語ができない。

それでコミュニケーションはどうしているのかと聞くと、

「ハートとハートで理解できます」と明快に答えてくれました。

愛し合う二人には、言葉はいらないのかもしれません。

うつうつとした日々に咲いた、美しい花のような二人です。

神の祝福を!

 

***********

外出を控えている方々のために、

私が最近読んで、深い感銘と喜びを味わった本を紹介します。

どちらもアマゾンで入手できます。

アウグスティヌスとか、ヒルデガルトとかと流れが違っているように見えますが、

深い霊的世界を現実にあてはめて考えることができ、

人間界を歩かれたイエスキリストの痕跡が、実感として理解できると私は思います。

 

「キリストと聖骸布」 ガエタノ・コンプリ 文庫ぎんが堂

「契約の櫃(はこ)」 ジョナサン・グレイ 徳間書店

 

これは、どちらもアマゾンで入手できます。

どちらの著者も深い聖書の知識と敬虔な信仰に基ずく、誠実な文章で書かれた

感銘を与える本です。

 

2020年2月18日

 

 

 

 

« No.286 素敵な先生 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。